代表親方挨拶・職人紹介

「信頼と、誇りある仕事」地元職人 菅野建装 だからこそ、あなたの暮らしの夢をかなえます。

みなさまも、一度はお耳に入れたこともあるかと思いますが、塗り替え工事の周期は、10年前後で行われている方が大変多くいらっしゃいます。(必ず10年ごとにやらなければならないという事ではありません。)ですが、大切なお住まいを、見ず知らずの業者に頼むのはとても勇気のいることだと思います。私たちは、外壁・屋根塗替え工事という仕事を通して、たくさんの方たちと出会い、多くの事を学ばせていただき、お客様の不安や悩みをどのようにすれば解決できるのか考えてまいりました。そして、私たちは、このような理念をもって取り組むことを皆様に宣言いたします!

1、出会いは宝であり、人は財産である。2、自信の持てない仕事は絶対にしてはならない
。3、失敗を恐れずに信念と誇りを持って仕事に取り組むこと。4、 感謝の気持ちは、最高の笑顔と最高の仕事であらわすこと

まだまだ学ぶべき事はたくさんありますが、出会ったみなさん、言葉をかけてくださった方々には心より感謝しております。信念を持って仕事に取り組み、自分の持ちうる技術・経験・知識を出し切る覚悟で仕事に取り組んでいる当店自慢の職人たちです。今日も一件一件、地域のみなさまの笑顔のために 丁寧に仕上げております。街で、見かけたら声をかけていただけましたら、うれしいです!

代表親方 菅野雅樹 塗り替えリフォームを通してあなたの暮らしの夢を叶えます。

代表親方 菅野雅樹

2000年9月、若干26歳だった私、菅野雅樹が立ち上げた会社、それが菅野建装です。子供の頃から頑固者で曲がったことが大嫌いで、18歳から塗り職人としての修行を積んできました。私は職人が誇りを持って仕事ができ、しかもお客様に心から喜んでいただける仕事がしたいと考えていました。そして、たどりついたのが、お客様から直接注文をいただいて施工するという現在の方法でした。

昨今、塗替えリフォームをめぐる様々なトラブルを耳にします。感じの良い営業マンだったので頼んだら、塗替えをして1年で剥がれ落ちてしまった、また、契約を結んだ会社とは違う施工業者がやってきてずさんな工事をされてしまったなど、例を挙げればキリがありません。同じ業界に身を置く者として、大変悲しく情けない事です。多くの心ある塗装業者は、キチンとした良い仕事をして報酬を頂いています。

そのことを一人でも多くのお客様に感じとっていただけるよう、私達は正直な仕事をまっすぐに追い続けています。そんな私が塗り替えリフォームを通してあなたの暮らしの夢を叶えます。それが私のできる使命なのです。私を少しでも信じてくださるのなら、まずはご相談ください。最後まであなたの味方になりますから。

職長 篠崎弘一 52歳 職歴33年 ここまで手間暇を賭けて工事を行うことは他店ではありませんでした。

私は、中学卒業後に職業訓練学校で塗装全般(板金・木工・建築塗装)を1年間学びました。初めは木工塗装を目指したのですが、地味な作業ばかりで性格に合わずあきらめ、当時16歳と若かった事もあり、車やバイクに興味を抱き板金塗装を勉強いたしました。しかし、当時は就職先も少なく好きなだけでは仕事を続けていくことは難しいのだと実感したのを今も覚えています。

その後、知人の紹介もあり板ガラス運搬の手伝いをしていた19歳の頃、友人から「建築塗装をやってみないか?」と誘われ、安易な気持ちで働くことにしたのです。しかし、現実は厳しく高いところが苦手な私は、慣れるまで時間がかかり、大変苦労いたしました。数多くの現場で色々な体験をさせて頂き塗装の奥深さを知り、この仕事を生涯やり通していく決意をいたしました。

その後、いくつかの塗装店で技術を磨き、現在は職長として菅野建装で働かせて頂いております。今まで働いて来たお店とは違い、代表親方の菅野さんの仕事に対する熱意にかつてない驚きを感じました。ここまで手間暇を賭けて工事を行うことは他店ではありませんでした。これからもお客様に喜んで頂ける様、信頼される丁寧な仕事を心掛けていきます。

代表親方より

現場では誰よりも仕事の早い篠崎さん、刷毛を持たせたら当店で最高の仕事をいたします。やはり長年培った経験は伊達じゃないですね。一番の年配者でもあるため、みんなの良き相談役になってくれています。菅野建装はまだまだ小さなお店ですが、あなたの経験と技術を必要としているお客様の為に技術と笑顔を思う存分ふるってください!

施工管理 中村友樹 34歳 職歴18年 どこの現場でもお客様から最高の笑顔を頂けるサービスを心掛けます。

私は、16歳から塗装の仕事に携わり、10年以上の現場経験と知識でこれだけ出来たら十分だと満足している自分がいました。しかし、菅野建装に入社後はお客さまに対する気持ちの大切さを教えてもらい、このままの自分ではいけないのだと気付く事ができたのです。

しかし、現時点ではまだまだ足りない部分があることも分かっています。自分が成長するためには、菅野親方のお客様に対する熱い想いを叩き込んでもらい、どこの現場でもお客様から最高の笑顔を頂けるサービスを心掛けていきたいと思います。妥協するのではなく、職人もお客様も納得できる最高の仕事が出来るのは菅野建装しかないと自信を持って言えます。これからも、笑顔を忘れず、いつでも気軽にご相談してもらえる職人を目指し、日々精進していきたいと思います。

代表親方より

塗替えリフォームに欠かせない、防水工事とシーリング工事の出来る職人を募集している時に、私の希望に合う中村君が当店に電話してきたのです。彼はオールラウンダーの職人です。手間暇をかけ、基本を守り施工する姿は輝いていますね。毎日現場では、職人仲間と意見交換し、お客さまが安心して暮らせるように最善の工事を心掛けている姿、ぜひとも皆様にも見て頂きたいです。これからもあなたの職人仕事に期待していますよ!  

現場管理 富沢和広 42歳 職歴16年 お客様に最高の感動を与えられる様、技術を追究し続けます。

自分は、塗装職人となって16年目を迎えました。この世界に入るまでは色々と遠回りをして来ましたが、ある人の「お前の作品を地図に残してみないか?」との一言に感銘を受け、この道一筋で今日まで頑張ってまいりました。下積み時代の頃は、「自分はこの仕事を本当にやっていけるのか・・・」と思うことが多々ありました。

しかし、職人としての姿勢、技術を学んでいくうちに塗装仕事は多くの方に必要とされている、誇りある仕事なのだと感じ現在まで携わって参りました。しかし、ここ数年の不景気で務めていた会社の受注量も激減し、3年前に菅野建装さんの職人募集を見かけ電話したのがきっかけで只今務めさせていただいております。この店に来て以前いた塗装店との違いに驚きました。職人としての技術だけではなく、お客様に対しての姿勢や対応、更に一歩踏み込んだ心遣いなど勉強させられる事が沢山ありました。自分自身、未熟な点がまだまだあると思いますが「日々精進」の志を持って、お客様に最高の感動を与えられる様、技術を追究し続けたいと思います。

代表親方より

富沢さんは、当店のムード―メーカー的な存在です。いつもニコニコ笑顔でお客様対応を心掛けています。職人との話し合いでは、いつも聞き手にまわり、みんなの話を聞いてくれるお父さん?みたいなひとです。現場ではあっちこっちと走り回り、一生懸命に対応しているのを私は知っております。これからも菅野建装の職人として、お客様に最高の笑顔を見せて頂ける様、一緒に頑張りましょう! 富沢さん、毎日が挑戦の日々ですね♪