屋根塗装

屋根塗装について

最低5年~最高10年の保証がついております。

屋根は、外壁同様に紫外線・酸性雨・激しい風雨などによる塗膜劣化の激しい部分であり、また雨漏れなどの重大な問題が引き起こされる場合があります。外壁よりも屋根の方が劣化の進行が早いため、当店では耐候性の高いシリコン塗料・ふっ素塗料をお勧めしております。それと同様に縁切り作業を徹底し屋根からの雨漏れを完全に無くすため日々奮闘しております。屋根用、遮熱・断熱塗料も取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

縁切り作業って?

 (当店では標準仕様)
みなさんは「縁切り」をご存知ですか?縁切りとは・・・雨が降ったときに雨水が屋根にたまらないように屋根の1枚1枚に隙間を作る作業のことを言います。この“縁切り”を行わないと、塗り替え時の塗料が雨水をせきとめ、屋根の野地板が腐り、雨漏りの原因になってしまいます。菅野建装では、屋根塗装について必ずこの縁切りを徹底しております!

皮スキによる縁切り

皮スキによる縁切り

カッターによる縁切り

カッターによる縁切り

縁切り部材の施工

縁切り部材の施工

屋根塗装の施工例

コロニアル屋根

コロニアル屋根

スレート屋根

スレート屋根

トタン屋根

トタン屋根

夏場の暑さを軽減したい方には

太陽熱を反射させて、表面温度、室内の温度上昇を防ぐ遮熱塗料があります。一般的に室内は3~5℃程下がるといわれています。

※メーカーにより効果は異なりますので各商品パンフレット等をご確認ください。

遮熱効果のメカニズム

遮熱塗料は商品だけではなく、色によっても効果が変わりますのでご注意ください。

遮熱塗料は太陽光を反射させる為、濃色になるほど日射反射率が低くなります。同じ商品であっても黒より白に近い色の方が遮熱効果は高くなります。

助成金が出る自治体が増えていますのでご確認されることをオススメします。

現在省エネ対策として、「高反射立塗料」による塗り替えに対し、東京都の23区の一部をはじめ、岐阜や福岡、沖縄など助成金が出る自治体が増えていきます。お住まいの地域が該当地域であるかは、自治体にお問い合わせください。

コロニアル・スレート屋根塗装施工の流れ

コロニアル・スレート屋根塗装施工の流れ

トタン屋根施工順序

トタン屋根施工順序

結局、どういった塗料を選んだら良いのでしょうか?教えてください。

もちろんご自宅の素材や状況などにより、選ぶ塗料の種類は変わります。最も大事なのは、長期的に住宅の価値を守る事のできる塗料かということです。良い塗料の必要条件をまとめましたのでご覧ください。

良い塗料選びのポイント

耐久年数10年以上の塗料を選びましょう。

雨水の浸入を防ぐた為、高弾性を有する防水性を備えた塗料をオススメします。

一回分の塗料価格だけでなく長期で見てコスト低減をできる塗料ですか?

選択した塗料に何年の製品保証があるか確認しましょう。

塗り替えを行う業者が自信を持って推奨しているとりょうですか?

ご自宅の悩みを解決してくれる性能は付いていますか?

人と環境に優しい塗料ですか?

ご自宅の資産価値を長期的に維持する為に、上記の条件を考慮して差異的な塗料を選び、今後の塗り替え工事を是非成功させてください。

塗り替え価格

お約束1

建設会社・リフォーム店に比べて、30%前後お得な上、材料・施工内容に自信がありますので、是非一度ご相談くださいね。ごめんなさい・・・時と場合によっては変わることもございます。(正直に!)
料金の目安はこちら

作業時間について

お約束1

11月~3月頃     午前8:00~午後5:00頃まで
4月~10月頃     午前8:00~午後6:00頃まで

毎日楽しく、営業中!ご相談事がありましたら、お気軽に声を掛けてみてくださいね☆☆☆準備万端でお待ちしておりますから。

休工事日

日曜日・お盆 8月12日~16日
お正月 12月30日~1月7日
天候による場合 雨天及び降水確率50%以上の場合はお休みとさせて頂いております。

※私がお空とのにらめっこに苦戦している時は、ご連絡させていただきますので(お電話にて)宜しくお願いします。